介護お役立ちコラム

居宅介護支援事業所とは?

都道府県の指定を受けたケアマネージャ(介護支援専門員)がいる機関・団体です。
居宅介護支援事業所には介護支援専門員(ケアマネージャー)が常勤でいることが義務づけられ(他の業務との 兼任可、ただしサービス利用者50人に1人の介護支援専門員が必要)、要介護者の依頼を受けて、心身の状況、環境、要介護者や家族の希望等 を考慮して介護支援計画(ケアプラン)を作成したり、その他の介護に関する専門的な相談に応じることとなっています。

利用者のみなさんとサービス事業者との連絡・調整などを行い、要介護認定申請の代行やケアプランの作成を依頼するときの窓口となります。

居宅介護支援事業所の業務内容

1. 要介護認定申請の受付、申請書の提出 
2. 介護認定調査の実施 
3. 指定居宅介護サービス事業所、介護保健施設の紹介、福祉用具貸与、介護保険対象外サービスの紹介、その他の指定介護保険サービス提供事業所との連絡調整
4. 居宅介護サービス計画作成、サービス担当者会議で要介護者が受けるサービスの検討
5. サービス計画にもとづいたサービス提供の管理
6. サービスの再評価とサービス計画の練り直し

Share on Facebook