介護お役立ちコラム

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の症状と予防について。

骨粗鬆症とはどんな病気?

骨吸収速度が骨形成速度よりも高いことによって、骨に小さな穴が多発する疾患。
男性に比べて女性に多く見られます。

骨粗鬆症の主な症状とは?

  1. 骨の変形。
  2. 骨性の痛み。
  3. 骨折。

予防方法について。

  1. カルシウムとビタミンDを多く含む食品の摂取。
  2. 適度な運動。
  3. 適度の日光浴。
Share on Facebook