介護お役立ちコラム

日常生活の環境を介護保険給付内で整えたい

手すりの取り付けや段差の解消などの住宅の改修を行った場合、
上限20万円として費用を支給されるサービスがあります。
注)1割は利用者負担となります。
住宅の改善は、出来るだけ本人が自力で出来る方向を目指すことが大切です。
また、本人の身体条件をよく理解している理学療法士、作業療法士に相談したり、
住宅改善について専門的な相談を行っている機関に相談すれば、
有効な助言を得ることができます。

注)住宅改修を行う前に必ずケアマネージャーに相談してください。
  区の承認が必要です。承認がないと支給されません。
  必ず工事前に申請を行ってください。

Share on Facebook