介護お役立ちコラム

認知症の原因は?

認知症とは、さまざまな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったため、各種障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態の総称として用いられる言葉です。
認知症が状態を表す言葉である以上、そうした状態を引き起こす原因があります。そして、原因となる疾患の違いによって、アルツハイマー型認知症、脳血管性認知症といった分類がなされています
認知症の人が100人とすると、そのうち50人はアルツハイマー型認知症、30人は脳血管性認知症、10人がレビー小体型認知症、残り10人が前頭側頭変性症を含むそのほかの認知症です

認証症の原因別患者数の割合

Share on Facebook