介護お役立ちコラム

介護休業と介護休暇について教えてください

介護休業

介護休業の定義 労働者が要介護状態にある対象家族を介護するための休業。
対象労働者 労働者(日々雇用される者をのぞく)。なお期間雇用者については、申し出た時点において次の要件を満たすことが必要。
1) 雇用された期間が1年以上であること。
2) 介護休業取得後も引き続き雇用されることが見込まれること。
労使協定で対象外にできる労働者 1) 雇用された期間が1年未満の労働者。
2) 93日以内に雇用関係が終了する労働者。
3) 週の所定労働日数が2日以下の労働者。
回数 対象家族1人につき、要介護状態に至るごとに1回。
期間 対象家族1人につき通算93日まで(勤務時間の短縮等の措置が講じられている場合はそれと合わせて93日)。
手続き 2週間前の日までに書面等で事業主に申し出る。事業主は証明書類の提出を求めることができる。事業主は介護休業の開始予定日および終了予定日等を、書面等で労働者に通知する。2週間前の日までに申し出ることによって、93日の範囲内で1回にかぎり終了予定日の繰り下げが可。休業開始予定の前日までに申し出の撤回が可。その場合、その後のサイドの申請は1回のみが可。

介護休暇

制度の内容 要介護状態にある対象家族の介護その他の世話を行う労働者は、1年に5日まで(対象家族が2人以上の場合は10日まで)介護その他の世話を行うために休暇を取得できる
対象労働者 要介護状態にある対象家族の介護その他の世話を行う労働者(日々雇用される者をのぞく)。
労使協定で対象外にできる労働者 1) 勤続6ヶ月未満の労働者。
2) 週の所定労働日数が2日以下の労働者。
Share on Facebook