介護お役立ちコラム

杖の種類と特徴について

杖にはいろいろな種類があります。

自分に合った杖を選ぶための参考にしてください。

T字型杖
持ち運びに便利です。ごく一般的なタイプの杖です。

ロフストランドクラッチ
杖の上部に腕を支える部分と杖から垂直にグリップが出ている形状が特徴の杖です。T字型杖よりも安定感があります。上腕まで支える形状となっていますので、T字型杖よりも長さがあります。

多点杖(四点杖、四脚杖)
地面に密着する部分が多点になっており、安定します。また、角度にあわせてグリップ部が動く製品もありますので、すべりやすい路面をよりしっかりと捉えます。
接地部分の面積が大きいので、ズボンに絡まないようにするなどの注意が必要です。

松葉杖
脇の下に挟んで使用するタイプで、より体重をかけることができます。

※要支援や要介護の認定を受けている方は、介護保険を使ってレンタルすることも出来ます。

Share on Facebook