住む

介護保険の住宅改修

要介護1~5の方/要支援1・2の方

手すりの取り付けや段差解消などの住宅改修を行った場合、上限を20万円として費用が介護保険から支給されます。

介護保険で住宅改修するときの注意点

  • 必ず事前にケアマネージャーなどに相談し、工事を始める前に区の承認を受けてから住宅改修を行います。(事前申請制度)
  • 信頼のできる工事業者を選びましょう。

サービス費用の目安

要介護状態区分にかかわらず、現住居につき限度額は20万円となり、その1割を利用者が負担します。いったん改修費用の全額を利用者が負担し、領収書などを添えて、高齢者相談センターに申請することで、保険給付分(9割分)があとから支給されます。

  1. 手すりの取り付け
  2. 段差の解消
  3. 滑り防止、移動の円滑化のための床材の変更
  4. 引き戸などへ扉の取り替え
  5. 洋式便器などへの便器の取り替え
  6. 上記の1~5に付帯して必要な工事
Share on Facebook